1年で脱毛完了「コロリー」と他社脱毛サロンと徹底比較10番勝負!!

rattatこのページでは、脱毛サロン「コロリー(coloree)」のスタッフさんに11の質問をぶつけて、『料金面・サービス・キャンペーン・予約のとりやすさ』を聞き、他社脱毛サロンのC3(シースリー)、ラ・ヴォーグ、ミュゼ・プラチナム、銀座カラー、脱毛ラボ、キレイモ、リンリン、ディオーネ、エピレ、エステティックTBCと、比較して、コロリーのほうが良いと思うところ、コロリーが負けていると感じたポイントを、調べてみました。

コロリー【月額】

全身脱毛サロン『colorée(コロリー)』の公式ページを見てみる

脱毛サロン「コロリー」とは?

まずは、脱毛サロン「コロリー」の特徴を知ることにしましょう!

コロリーキャンペーン
店名 コロリー(colorée)
運営会社 株式会社ミュゼプラチナム
脱毛の特徴
  • 最短1年で脱毛完了
  • 独自開発のジェルとローション
  • 安心の返金保証制度
  • 完全個室
  • 予約がとりやすい
費用 月額6500円~
店舗数

64店舗以上

コロリー吉祥寺パルコ店のカウンセリングについての報告と感想

とりあえず、試してみないとはじまらないので、コロリーの吉祥寺パルコ店へ

無料カウンセリングに行ってきましたので、ご報告いたします!

・立地

・立地

吉祥寺パルコは吉祥寺駅にとても近く、道も単純なのでアクセスが非常に良かったです。

また、パルコ内にあるのでお洋服や化粧品などを見ることもできるという点もポイントが高いと思われます。

・店内の雰囲気

店内の雰囲気

白、ピンク、赤でまとめた店内はかわいらしいだけでなく高級感があり、女性からの評価はとても高いと思われます。

店内は空いていて静かでした。
スタッフの方々の制服がミュゼのものと同じであったのが印象的でした。

・スタッフの対応

・スタッフの対応

説明は丁寧でわかりやすく、施術や料金についての質問をすると的確に答えて下さいました。

また、勧誘もありませんでした。「他社と比較したいので見積もりを出して頂いて、今日は帰りたい。契約する場合は後日連絡する。」と伝えても引き止められることもなく、笑顔で見送っていただきました。

・割引

ホームページで書かれている全身美容脱毛【まるごと】32%割引のキャンペーンの他に、学割1万円、InstagramなどのSNSでコロリーをフォローすることで適用される恋す肌割1万円(どちらも全コース、回数に適用可)の合計2万円の割引が適用されるとのことでした。

・月額料金

4種類の見積もりを出して頂いたので、それぞれ報告させていただきます。全て36回払いで、学割と恋す肌割が適用され、分割手数料を含めた金額となります。

全身美容脱毛【まるごと】32%Offキャンペーン適用後
全身美容脱毛【まるごと】32%Offキャンペーン適用後

18回 初月14,018円 次月より11,400円
12回 初月9,522円 次月より8,300円

全身美容脱毛【バリュー】
全身美容脱毛【バリュー】

18回 初月12,694円 次月より9,100円
12回 初月8,704円 次月より5,800円

・施術

今回は施術そのものは受けていませんが、脱毛の方式や使用するジェルなどは全てミュゼと同じであるようです。

また、全身全部位の脱毛が一月ごとにできるとのことなので、効果が出るのも早いのではないかと思います。

一つ注意が必要だなと思った点は、ミュゼはVIO脱毛の際Oラインのみスタッフの方がシェービングして下さるのですが、コロリーではVIO全て自分でシェービングせねばならず、もし忘れた場合は施術ができないようです。

報告は以上です!

rattat

全身脱毛サロン「colorée(コロリー)」の公式ページ

「コロリー」と他社脱毛サロンを比較してみました!

「コロリー」と他社脱毛サロンを比較してみました!

次に、他の脱毛サロンといろいろな面で比較してみることにしました。

料金面

月額でいうと、コロリーは月額6500円なので、他の脱毛サロンと比較すると

安いほうです。

キレイモが9500円、銀座カラーが6800円、シースリー(C3)が7000円です。

エステティックTBCなどのエステ系には月額制はありません。

しかし、ラヴォーグの月額1435円には負けてしまいます。

脱毛完了のスピード

脱毛機は、最新のものを使っているため

他社脱毛サロンでは、1回の来店で全身4分の1や2分の1を脱毛するのですが、

コロリーでは全身が1回で施術することもできるようになったので、最短12回で脱毛が完了できます。

ラ・ヴォーグも1回の来店で全身脱毛が可能です。

返金保証について

返金保証は、もともと法律的に認められているものです。

しかし、全12回で、すでに5回通っていた場合は、残りの7回分はお金が戻ってくるので、安心材料として考えるとよいでしょう。

独自開発ジェルとローション

コロリーの脱毛では、独自開発のジェルとローションを使っていると書いてあります。

これは、最近の脱毛サロンならどこでも採用しています。

脱毛の光(フラッシュ)を当てると、肌が傷むためすぐにヒアルロン酸やコラーゲンといった、肌にうるおいをあたえるジェルで処置をするお店がほとんどです。

しかし、中には「アイスノン」で冷やそうとする脱毛ラボのような脱毛サロンもありますので、そういった面では、

安心材料の1つとして考えても、よいでしょうね…

完全個室

コロリーのように「完全個室」を売りにしているところは、あまりありません。

理由は、脱毛サロンはどうしても限られた場所を部屋で仕切っているため、壁が作りにくいのです。

こちらも、低価格のお店ですとカーテンで仕切られているだけとなり、隣で施術している人の会話がもろに聞こえるといった

人見知りの人には、あまりうれしくない光景も、脱毛サロンあるあるなのです。

しかし、コロリーも天井まで壁がある仕切りではないため、やはり隣の人の声は聞こえてくるでしょう。

聞こえにくいという表現がただしいかもです。

店舗数

コロリーの店舗数は、63店舗と他のサロンに比べると

全国展開しているので、上位のランクといえるでしょう。

「ラ・ヴォーグ」「リンリン」「ディオーネ」などは駅から離れたクルマを利用される方向けに店舗をおいているところもありますが、

コロリーは基本、駅から5分圏内なので、駅から近いほうがいいという方にはおススメできます。

店舗は以下になります。

【北海道】
札幌ル・トワロ店、JR札幌駅前店、新さっぽろDUO-2店、イオンモール旭川駅前店、函館ポールスター店

【東北】
盛岡店、仙台店、仙台パルコ2店、ホテルプリシード郡山店

【関東】
銀座本店、渋谷公園通り店、錦糸町店、立川店、新宿西口店、渋谷駅前店、グラン池袋東口店、池袋西口店、アリオ亀有店、ミーナ町田店、吉祥寺パルコ店、横浜店、横浜エキニア店、川崎駅前店、溝の口店、藤沢店、千葉店、津田沼駅前店、船橋店、柏店、セブンパークアリオ柏店、大宮東口駅前店、ティアラ熊谷店、川越アトレマルヒロ店、高崎店、宇都宮店

【中部】
新潟万代店、岐阜シティタワー店、名古屋栄店、名古屋駅前店、静岡店、静岡109店

【近畿】
河原町OPA店、京都四条通店、茶屋町店、天王寺店、京橋店、心斎橋店、なんば店、梅田駅前店、天王寺加賀タワービル店、神戸三宮店、姫路店

【中国】
広島店

【四国】
高松瓦町FLAG店

【九州】
天神西通り店、天神ビブレ店、博多マルイ店、小倉店、大分店、宮崎ボンベルタ店、鹿児島店、熊本店、那覇新都心店、イオン那覇店

店内の雰囲気

コロリーの店内の雰囲気は、2種類に分かれます。

1つは、白を基調にしてカラフルなビビットカラーが散りばめられているタイプ

もう1つは、ダークレッドを基調にした大人のゴージャスさをかもしだしているタイプ

です。

なぜ、コロリーなの?!

ミュゼ系列ですので、ミュゼのように白一色のお店もあるようです。

脱毛サロンは、安いところでいくと、リンリンや脱毛ラボは、経費削減のため

店内は、小さな病院のように質素でシンプルです。

ラ・ヴォーグやディオーネは美容室にきたようなリラックスさがあります。

シースリー、ミュゼ、銀座カラーは高級感があり、ゴージャスさがトップクラス。

エステティックTBCとエピレは、エステティックサロンの雰囲気。

キレイモは可愛らしさと清潔感がありますので、コロリーとよく似ています。

脱毛の技術力について

コロリーでは技術力の高い経験豊富なスタッフを中心にお手入れ

と書かれています。

中心となるチームリーダーは経験豊富でですが、

ラ・ヴォーグのようにエステティシャン育成学校を運営していないのはデメリットとなります。

脱毛部位について

次に、

全身脱毛とうたっている全身まるごと46部位をみていきましょう。

脱毛部位について

こちらは、全身を46部位にわけているだけで、他社は55部位だったりしますが

基本的には、全身のパーツの分け方なので、数が多ければよいというものではありません。

銀座カラー、脱毛ラボ、リンリン、エピレも、顔パーツもコロリーと同じく、別オプション

シースリーとラ・ヴォーグ、キレイモ、ディオーネは、顔パーツの脱毛が「全身脱毛」に組み込まれています。

「顔」に生えているヒゲや口周りのムダ毛が気になる方は、

ラヴォーグなどに行ってください。

顔脱毛をそこまで気にされないのならコロリーを選択するのもアリです。

以上までが、コロリーの特徴でした…

4,980円コース
>> コロリー(colorée)の公式サイトを見てみる

コロリーと他社サロンの比較⑩番勝負!!

それでは、次に「コロリー」と他社脱毛サロンを徹底に比較して、 厳選ランキングにしてみました!

行く前に、からなずチェックして比較してくださいね~

コロリーランキング

月額1435円!!「ラ・ヴォーグ」全身55部位脱毛

【店舗名】 ラ・ヴォーグ

【運営会社】 セブンエー美容株式会社

【月額】 1435円~

【脱毛部位数】 全身55部位(顔パーツあり)

ラ・ヴォーグの特徴
  • とにかく安い55部位が月額1435円
  • 全身コラーゲンパックが無料
  • 最短2週間に1回、半年で脱毛卒業!
  • エステティシャン育成学校を運営

現在、爆発的な人気を誇っているのが、この「ラ・ヴォーグ」です。女の子の願望がすべてつまったような夢の脱毛サロンです。まず、コロリーと比較してみます。月額では圧倒的にかないません。店内はコロリーまでゴージャスではないですが美容室レベルなので不満はありませんでした。コロリーはヒアルロン酸ジェル、ラ・ヴォーグは美肌効果の高いコラーゲンジェルをたっぷり塗って施術をしますので、両者大差はありません。店舗数は42店舗とコロリーの64店舗ほど多くないですが、現時点でNo.1に伸びている人気サロンなので、どんどん拡大していくでしょう。肌に光アレルギーがないか?無料カウンセリングのときにパッチしてくれるのもありがたいです!モデル・有名芸能人もキレイモに次ぎ、来店するようになっていますよ♪

 

月額6800円「銀座カラー」脱毛し放題!

銀座カラー【店舗名】 銀座カラー

【運営会社】 株式会社エム・シーネットワークスジャパン

【月額】 6800円~

【脱毛部位数】 全身22部位(顔のぞく)

銀座カラーの特徴
  • 全身22ヵ所、脱毛し放題
  • 施術時間が3分の1のスピード脱毛
  • 大手脱毛サロン調査、8部門でNo.1を獲得
  • 安心のスピード返金

「銀座カラー」は、わたしが次にオススメしたい脱毛サロンです。実際に行ってみてまず「はずれ」がありません。スタッフさんの対応も接客もレベルが高くSNSでも、悪い口コミを聞いたことがないです。コロリーと比較してみますと、まず月額が6800円とオトクになっています。全身22ヵ所は、コロリーの46部位と比べて少ないように思われるかもしれませんが、同じく全身まるごとです。ただ、顔パーツは別オプション料金となっています。ジェルを塗布してから施術するSSC脱毛ですので、こちらも痛みがなくコロリーと同タイプです。保湿ローションもあり。店舗数も前は少なかったのですが、現在はリピーターと評判が評判を呼び、全国50店舗まで拡大しています。コロリーの店内装飾は「かわいい」、銀座カラーは赤を中心に「女子力が高い」と言えます。失敗したくない、スタッフさんには優しくしてもらいたい、そんな方は絶対に銀座カラーがおススメです!

 

月額9500円「キレイモ」圧倒的ブランド力

背中脱毛【店舗名】 キレイモ(KIREIMO)

【運営会社】 株式会社ヴィエリス

【月額】 9500円~

【脱毛部位数】 全身33か所(顔パーツあり)

キレイモの特徴
  • 安心の月額固定9500円で全身33ヵ所
  • 全身引き締め「スリムアップ脱毛」
  • 冷却ジェルのいらない最新マシンで不快感0
  • 月1回の来店で、2回の施術

キレイモは、モデル・芸能人の方がSNSで頻繁に来店したとつぶやいているので圧倒的なブランド力があります。ただ最近はちょっと他社サロンに押されているところがあり減速気味です。コロリーと似ているポイントが多かったので3位にランクイン。店舗数は47店舗と、ほぼ全国をカバーしています。ただ月額は9500円とちょっと高め。コロリーとの違いは、全身脱毛が33か所ですがこちらは全身まるごとで、顔パーツも含まれている点です。そして、キレイモだけ痩せれるスリムアップ脱毛といって、施術後の仕上げに脂肪が燃焼する成分のローションを使っています。また、冷却ジェルを使わない施術ですが、これは最近の脱毛サロンでは多くなっております。ただ残念なことに一度の来店で全身の2分の1しか施術してもらえないので、1日で全身まるごと脱毛してほしい人には、キレイモはオススメできません。

 

全国100店舗以上「シースリー」

全身脱毛【店舗名】 C3(シースリー)

【運営会社】 株式会社ビューティースリー

【月額】 7500円~

【脱毛部位数】 全身まるごと53ヶ所

シースリーの特徴
  • 永久メンテナンス保障
  • 超高速GTR脱毛採用
  • 清潔な店内と衛生管理
  • C3全店舗で予約可能

C3(シースリー)は、数年前まで爆発的に人気となり、店舗数を100まで伸ばし、現在10周年を迎えるミュゼの次にトップブランドの脱毛サロンです。他のサロンにない売りは、やはりゴージャスさで、ブラウンで統一された高級感のある店内にはいると一気に癒しの空間となります。コロリーにここまでの優雅さは残念ながらありません。ただ、シースリーは月額いくら?という金額をHPなどで掲載しておらず、そこが最近流行っている新型脱毛サロンに負けている点でしょう。コロリーと違う点は、53か所の全身脱毛の中にコチラも「顔パーツ」が含まれている点です。あと他社では脱毛するとそれで終わりとなるのですが、シースリーは18回コースなどはいったん脱毛が終了しても濃いムダ毛が生えてくれば、いつまでも通える「脱毛品質保証」がある点も、剛毛のアナタにはうれしいサービスなのではないでしょうか?

 

低価格が売り「脱毛ラボ」

「選べる部分脱毛」【店舗名】 脱毛ラボ

【運営会社】 株式会社セドナエンタープライズ

【月額】 1990円~

【脱毛部位数】全身まるごと48ヵ所

脱毛ラボの特徴
  • 国内外72店舗
  • 全身脱毛1回あたり60~90分
  • VIOも痛くないS.S.Cスピード脱毛
  • 全身エステパック毎回無料

脱毛ラボは、リンリンとともに「格安」を売りに店舗を伸ばしてきた脱毛サロンです。秒速5連射のスピード脱毛で、全身が1時間ほどで完了します。しかし、現時点でジェルを塗ってから脱毛するS.S.C方式の脱毛を施術するサロンは多く、コロリーもミュゼも同じです。通う期間が半年から1年というのもコロリーと同じになります。月額はさすがに1990円と安く、これにたちうちできるのはラ・ヴォーグくらいでしょう。店内の内装は残念ながら、町の病院なみにシンプルでウキウキ・わくわく感はのぞめません。施術のときの着替えもない・ジェルが服に付いたといったクレームもありました。この月額1990円は12カ月で全身1回コースなので基本である全身6回をこなそうと思ったら6年通わないといけないというカラクリがあるのも、おぼえておいてくださいね!

 

月額6000円「レイビス」シンデレラ脱毛

【全身22ヶ所から選べる脱毛】3ヶ所1,000円【店舗名】 レイビス(RAYVIS)

【運営会社】 株式会社ケンジ

【月額】 6000円~

【脱毛部位数】 全身まるごと26ヵ所

レイビスの特徴
  • VIOラインも顔も脱毛できる
  • 予約がとりやすい
  • 月額制だからおサイフにもやさしい
  • やめたいときにやめれる

レイビスは、全国21店舗あります。特に東北と北海道には強い脱毛サロンです。月額6000円で全身脱毛できちゃうのは、魅力的でしょう。全身26部位もコロリーと同じく全身まるごとで、残念ながらコロリーと同じく「顔パーツ」は入っていませんので、顔のヒゲ脱毛や口周りのムダ毛を気にされる場合は、他店に行かれるとよいでしょう。方式はIPLフラッシュ脱毛なので、コロリーのS.S.C脱毛と比べると全身脱毛するのに時間がかかります。少し古いタイプの脱毛となりつつありますが、料金体系は1年間の総額も66000円と良心的ですのでお近くにレイビスがあれば無料カウンセリングに行かれてもよいでしょう。

 

全国200店舗「ディオーネ」ハイパースキン脱毛

【店舗名】 ディオーネ(Dione)

【運営会社】 ドクターサポート株式会社

【月額】 月額制なし

【脱毛部位数】 全身まるごとSパーツLパーツ(顔パーツ別料金)

ディオーネの特徴
  • 子供が脱毛できるくらい「痛くない」
  • 敏感肌・アトピーでも脱毛できる
  • 脱毛しながら美肌になれる
  • 脱毛専門サロン店舗数第2位

ディオーネは、ラ・ヴォーグとともに急成長している脱毛サロンです。全国に200店舗もあるので、アナタの街でも必ず見つかるでしょう。ディオーネは残念ながら「月額制」というシステムをとっていません。全身はSパーツとLパーツに分かれていますが、全身脱毛はまるごと全12回で36万円で、施術してくれます。6回だと21万円です。これには顔パーツは含まれていません。少々高くても、店舗が増えているのはスタッフさんの接客の良さと、店内の高級感、そして社長みずから考案した子供・敏感肌・アトピー肌といった弱者のためのハイパースキン脱毛器が話題になっているからでしょう。コロリーと比べると月額ではコロリーのほうが安く感じます。店内はシースリーと同じく茶色を基調にしたリラックスできるエステ感覚の内装ですので、カラフルでかわいいものをのぞまれるならコロリーです。コラーゲンやフォト美顔の効果があるものは、キレイモにもございます。

 

全国100店舗以上「ジェイエステティック」

脱毛体験無料【店舗名】 ジェイエステティック

【運営会社】 株式会社 ザ・フォウルビ

【月額】 3100円~

【脱毛部位数】 32ヵ所(顔パーツあり)

ジェイエステの特徴
  • 創業38年の実績
  • 全身脱毛が約60分
  • 冷却ヘッドだから、ほとんど痛みなし
  • ヒアルロン酸トリートメント
ジェイエステは、大型ショッピングモールで目にした方も多いのではないでしょうか?全国100店舗以上、創業38周年の老舗エステサロンです。全身脱毛ではなく、ワキや脚部分だけだとグッと価格は下がりますが、全身まるごととなると「全身フリーチョイス40回脱毛」しか存在しません。こちらは、24回分割払いの場合、月額3100円で、全身の好きな箇所をチョイスして40回組み合わせるという、ちょっとややこしいシステムです。ただ、全身じゃなくても気になるとこだけでいいやという方には、リーズナブルなお値段といえます。脱毛方式はIPLフラッシュで、痛みはそれほどありません。コロリーと比べますと、エステサロンの要素が強いので、気になる箇所だけ脱毛したい人はジェイエステ、全身まるごとしてもらいたい人はコロリーとなります。

 

激安祭り「リンリン」

【店舗名】 リンリン(Rin Rin)

【運営会社】 株式会社リンリン

【月額】 月額制なし

【脱毛部位数】 SパーツMパーツLパーツ(顔あり)

リンリンの特徴
  • 全身脱毛がダントツの安さ
  • カウンセリング脱毛体験無料
  • スピード連射脱毛器「DTC」
  • 脱毛の施術15万人の実績

安さでいえば、「リンリン」と言われてきました。全身まるごとで顔パーツまでつけた場合1年に4回通うとして、7万8000円で施術ができます。また、場所は駅前ではなく郊外のクルマで行ける立地に、57店舗以上展開しています。とくに、他の脱毛サロンが進出しない甲信越・静岡・東海・近畿・四国に細かく店舗がオープンしていますので、お近くの方は利用されてもいいでしょう。テレビCMも流れたりと、知名度アップにはかっているのですが、やはり安さが先行していたため、口コミで「スタッフの対応が最悪」「脱毛の光にあてムラがある」という悪いイメージが広がりました。なかにはきちんと接客をされているスタッフもいるので、これは店舗が広がったときのスタッフの教育システムがなかったためと思われます。最近では苦情専用ダイヤルもHPに開設され、お客様の声を真摯に聞こうとする会社の方針がわかります。コロリーと比べますとコロリーは駅から近いという点と月額が存在するということです。脱毛器は2社とも最新式です。店内の内装だけリンリンは経費削減のため脱毛ラボ並みに質素で病院のようです。安ければいいのよ!という方にはおおいにオススメできるのがリンリンです。

 

TBCグループ「エピレ」

【店舗名】 エピレ(epiler)

【運営会社】 株式会社シュプレイムルミナス

【月額】 月額制なし

【脱毛部位数】Lパーツ・Sパーツ(顔あり)

エピレの特徴
  • エステティックTBCの脱毛専門サロン
  • はじめての方限定の「ファーストプラン」
  • コース満足度94%
  • TBCプロデュースの高い技術力

エピレは、エステティックTBCグループがお客様の声からオープンさせた脱毛専門店です。全国で21店舗とまだまだ少ないですが、近くにエステティックTBCがあれば、同料金で同じメニューの脱毛ができますのでメモしておいて下さい。コロリーにない「ファーストプラン」と呼ばれる脱毛が初めての方のためにいろいろと安いプランが用意されていますが、全身トータルまるごととなると、12回で34万4700円とお高くなります。月額制ではないのでこの点は、お金に余裕がある人でないと通うのは難しそうです。店内はコロリー、キレイモと同じくピンクのかわいい内装です。フラッシュ美容脱毛ですので施術スピードはそれほど速くありませんので、急がれている場合はコロリーの方をオススメします。

 

雑誌に広告で知名度◎「ミュゼプラチナム」

rattat【店舗名】 ミュゼプラチナム

【運営会社】 株式会社ミュゼプラチナム

【月額】 月額制なし

【脱毛部位数】Sパーツ・Lパーツ(顔なし)

ミュゼの特徴
  • ミュゼエクスプレス
  • 肌にやさしい「S.S.C.方式」
  • 美容脱毛サロンNo.1
  • お手入れ時間が最大で約半分

最後にご紹介するのは、コロリーと同じ会社の「ミュゼプラチナム」です。圧倒的な広告料で、女性誌では必ず見たことがある人も多いはず。実際に両ワキ+Vライン美容脱毛完了コースと  好きな2カ所が選べて300円といった爆安で、来店を誘いますが実際は、全身脱毛は4回で94500円しますが、ミュゼとコロリーには同じく、顔パーツを脱毛するというシステムがありません。高級感でいいますと、やはりネームバリューからかミュゼとシースリー、銀座カラーは来店しても、友達に自慢できるくらいのゴージャスさだと思います。ただ月額制がはっきりしていないので、月額にこだわる人には向いていません。また、ミュゼエクスプレスとよばれる脱毛器は、S.S.C方式でジェルを先に塗ってあたためて脱毛するので、キレイモ・コロリーと同じものになります。問題点は、あまりにも広告宣伝をするので夏の時期は、予約がまったくとれないといったトラブルもよく聞かれます。それはシースリーも同じようです。コロリーは同系列で予約がとりやすいので、ミュゼのサービスを予約できる手軽さで選ぶならコロリーでしょう。

 

4,980円コース
>> コロリー(colorée)のお得なキャンペーン情報はコチラ!